インバウンド消費の拡大に向けた可能性を議論 決済データ利活用の社会インパクト – 月刊事業構想

観光データベースが地域産業活性化のインフラに. 公益財団法人大阪観光局理事長の溝畑宏氏は「大阪観光局が取り組むインバウンド消費拡大とキャッシュレス ...
Source: 大阪観光Gアラート

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました